百済王朝の文化を訪ねて その2

紀元前後、中国の北方、吉林省と黒竜江省の境目あたりの扶余族の王の血筋をひく兄弟が南下し、弟の温祚は「十済」を、兄の沸流は、海浜に国を起こしました。
弟の温祚が起こした「十済」は繁栄し、兄の沸流が起こした国は貧しく、兄沸流が亡くなったあと、温祚は兄の国の百姓を受け入れて、国名を「百済」としたと伝えられています。

百済の歴史書は現存せず、宋書、魏書、日本書紀、古事記など中国や日本の史書の内容が元になっていて、中国の史書で「百済」の国名が記されているのは4世紀からです。
日本の古事記にも応神天皇の治世に記されています。応神天皇の治世は3世紀後半から4世紀初と推察されていますが、日本書紀や古事記の記述をもとに推定された年代です。

2日目の午前中、17年の歳月と6900億ウォンを投じて再現したという百済文化団地を訪問しました。
そもそも文献は残っていないそうなので、中国・日本の史書や同年代の建造物等から、想像してつくられたものみたいです。
厳密にいうと和韓中折衷。
どこまで正しく、どこまで間違っているかは判りませんが、一見の価値はあります。

アウトレットの建設現場と公州の旧石器時代の遺跡を見学したあと、公山城へ。
公山城は、朝鮮時代にも山城としてつかわれたらしく、朝鮮時代の遺構の遺構が残っています。
最後は武寧王陵を見学して帰途につきました。
朝鮮時代の王陵は、土まんじゅうが並んでいるだけですが、武寧王陵は古墳群のなかにあり、王墓を忠実に再現した模型もあります。

朝の百済
DSC_4255.jpg
正門
DSC_4296.jpg
城内

DSC_4320.jpg
仏塔

城門をくぐると
DSC_4358.jpg

<img src="http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/bcc920c1ceb3abc547bfb662530de76c40f1055c.74.2.9.2.j
peg” alt=”DSC_4358.jpg” border=”0″>
DSC_4363.jpg
DSC_4353.jpg
DSC_4359.jpg

DSC_4361.jpg
百済人発見!!

DSC_4349.jpg
DSC_4375.jpg
百済を後に

DSC_4384.jpg
アウトレット

DSC_4401.jpg
公州で旧石器人が出迎え
DSC_4405.jpg
博物館で特別展を開催中
DSC_4451.jpg
公州市
DSC_4459.jpg
公山城の城門
DSC_4468.jpg
公山城から観る公州市内
DSC_4528.jpg
武寧王陵

DSC_4517.jpg
王墓の中

ブログ記者団バナー.jpg

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る