韓国の公共交通

今日は旧暦の元旦です。

丹陽にある救仁寺に行ってきました。
救仁寺はソウルから約200kmはなれた韓国天台宗の本山です。

ソウルには、高速バスターミナル、南部ターミナル、東ソウルバスターミナルがあって、韓国各地とバスで繋がっています。

東ソウルバスターミナルから丹陽バスターミナルまで約2時間、10分ほどの休憩を挟んで、丹陽バスターミナルから救仁寺まで約40分、合わせて片道3時間のちょっとした旅行です。
バスは1時間に一本の間隔で運行されていて、運賃は片道16000W。
日本と比べると、大体、半分ほどでしょうか。

韓国は電車や地下鉄、バス等の公共交通機関が、はるかに安く、韓国に着た当初は、あまりの安さに驚いたものですが、韓国在住が長くなるにつれて、日本が異常に高く感じられるようになりました。
このことについて、明日、改めて書こうと思います。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る