日本語が通じる医療機関

ソウルには日本語が通じる医療機関があります。

江北では新村の延世大学セブランス病院と建国大学病院、江南では瑞草のカトリック大学聖母病院やサムスン医療院、峨山病院など、国際医療センターやインターナショナルクリニックには、日本語通訳がいて、医者と患者の通訳をしてくれます。

多くは日本語ができる韓国人で、峨山病院は日本人の通訳がいます。

また、二村洞のロハス医院のドクターは日本語が堪能ですし、漢南洞の順天郷大学病院の外国人クリニックには、日本語ネイティブのドクターがいます。

ロハス医院は内科、順天郷大学病院の外国人クリニックは家庭医学科ですので、他の科目では日本語サポートはありませんが、持病がある人や子どもがいる人など、日本語ができるハウスドクターは安心感があります。

良才の近くにあるメディスキャンは、検査のときに日本語通訳が付き添ってくれます。
医療機関もありますが、通訳のレベルがあまり良くないという人もいますので、心配な人は検査機関として利用するのが良さそうです。

歯科は日本人メディカルヴィレッジのサイトにあります。

韓国では、検査は基本的に健康保険が適用されませんし、歯科も健康保険適用外です。
また、日本語通訳を頼むと、健康保険が適用されないケースもあります。

日韓双方で健康保険に加入している人は、検査は日本、治療は韓国という選択肢がありますし、歯科も日本で治療を受けても良いかもしれませんが、日本の健康保険には海外療養費という制度があります。

健康保険の加入者が、日本では健康保険が適用される治療を海外で受けたときに、日本で健康保険を使って受診する場合と同じ計算式で治療費の支給を受けることができる制度です

医療機関で立て替え払いをして、あとから健康保険に申請して還付を受ける仕組みです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る