日本ブランド;KAWAJUN

KAWAJUN;川淳は、インテリアリアや店舗・オフィス用の什器などを扱っています。

日本では、一般消費者向けの家具やテーブルウエア、生活雑貨などを扱うKEYUCAも運営しています。
インテリアの金物など、デザインと品質に拘った製品を数多く取り揃えており、中国、台湾、シンガポールなど、アジア各国に展開しており、韓国には昨年、進出しました。

韓国ではドアノブ、サニタリーをはじめとるするインテリやオフィス店舗などのスペースに置くイスなどの備品、店舗用の什器を主に扱っています。

韓国ではアパートの建設が進んでいて、特に高級アパート向けのインテリアとして、積極的な販売を行っていますが、韓国のアパートは賃貸向けが主流です。
所有者が自ら居住する物件だと、品質やデザインに拘る人が多いのですが、洋の東西を問わず、賃貸用は、そこそこのデザインで、そこそこの品質であれば価格が重視されます。

インテリアデザイナーがKAWAJUNを提案しても、デベロッパーが予算の関係で、似たようなデザインのモノに変えることも少なくないとか。
ブランドで選ぶ人が多い国柄でもあるので、今後はブランドを知らしめることも大切かもしれません。

オフィスや店舗に、ちょっとした休憩スペースを用意する店が増えています。
KAWAJUNでは、このような空間に設置するイスを扱っています。
百貨店やモールなど、ちょっとした休憩をとりたいことがあります。
カフェに入るほどでがないが、ちょっと休みたいときなど、イスが欲しいことがあります。

店舗用什器では、商品棚やカートなどを扱っていて、とくにカートは店舗ブランドごとの特注もあります。
店舗什器は、価格もさることながら、大型店ほど耐久性や使い勝手など品質が重視されます。

韓国に進出してから丁度、1年。
事務所も手狭になったようで、今後、ますますの活躍が期待できそうです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る