リーフレットとパンフレット

リーフレットとパンフレット、どう違うのでしょうか。

印刷物は、用途による分類では、商業印刷物、出版印刷物、事務用印刷物、包装印刷物、特殊印刷物などがあります。

形状による分類には、端物と頁物があります。
端物というのは、独立した1枚で構成されているもので、頁物は、複数の紙で構成されているものです。

リーフレットとパンフレットは、用途の分類では同じ商業印刷物ですが、形状による分類で、端物をリーフレット、頁物をパンフレットと区別しています。

A4三つ折りとか、A3二つ折りなどは、広げると1枚になるので、端物=リーフレット。針金で閉じたカタログなどは、針金を外すと複数枚になるので、頁物=パンフレットです。

もちろん、ポスターやチラシも端物です。
A3二つ折りは、A4−4ページということもあります。

頁物は、多くが針金中綴じと無線綴じですが、商業印刷物は、針金中綴じが一般的です。
針金中綴じは、その名の通り、背を針金で綴じるので、ページ数は必然的に4の倍数になりますが、コストパフォーマンスが良いのは8の倍数です。
A4のパンフレットを印刷する場合、A2またはA1判で印刷します。
A2だと片面に4ページ入りますので、両面で8ページ。つまり、1枚の紙に8ページ印刷します。

A判ではない変形の印刷物もあります。
韓国の印刷機は、大抵がA1より少し大きい菊判か、その半分の菊半裁版で、変形の端物は、最も効率が良い紙取りを考えます。
横だと3枚しかとれないが、縦にすると4枚とれるといった場合など、部数が多くなるほど、コストにも影響しますので、効率が良い紙取りを考えます。
頁物の場合は、製本も考えなければならないので、限界があります。
韓国はほとんどの印刷物がA系列なので、菊判が一般的ですが、日本ではB系列も少なくありません。
JRの駅に貼るポスターの規格がB判で、新聞の折込み料金もB系列で設定されていますので、JIS-B判に合わせた印刷機や用紙も必要なのです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る