紙の話し

日本にはA列とB列があります。
A0判の半分をA1、そのまた半分をA2、そのまたさらに半分をA3と呼びます。
用紙は菊判か四六判が一般的で、菊判からはA1判が1枚、四六判からはB1判が1枚取れます。

日本で、かつて主流だったJISのB列は江戸時代の美濃紙を基準に作られた日本独自のローカル規格で、A列は国際規格です。
国際規格にはB列もありますが、日本のB列とはサイズが異なります。
韓国の印刷用紙は日本と同じく、菊判と四六判が基本で、呼び名も同じです。
紙サイズのJIS規格は1929年に制定された規格を引き継いでいます。
その規格を引き継いでいるのか、韓国の印刷機は日本製が多いので、印刷機に合わせて用紙サイズが決められたのか、定かではありませんが、韓国のB列はISOではなくJISと同じサイズなので、案外、前者なのかもしれません。

菊判  636×939ml 主にA列に使われる A1判(594×841)
四六判 788×1091ml B列などに使われる B1判(JIS;728×1030/ISO;707×1000)

出版の世界では、単行本のサイズ(127mm×188mm)を四六判とよびます。
単行本用に輸入した印刷用紙32面付けで、4寸×6寸の単行本ができたので、四六判と呼ばれるようになりました。

菊判というのは、明治中頃に新聞用に輸入した印刷用紙の包装紙に押されていた花の刻印が、天皇の紋章である菊に似ていたことから、名付けられたとか。
韓国でも「菊判」という名称を使っていますが、どこかの大統領が聞いたらどう思うでしょうか。

印刷用紙の厚さは、重さが基準です。
日本では用紙1000枚の重さをkgで表します。90kgの紙というと、四六判サイズ1000枚で90kgになる用紙です。
四六判以外にもB判や菊判、A判などの大きさがあり、当然、1000枚当たりの重さも変わりますので、B判87kg、菊判62.5kgなどと呼ぶ場合もありますが、単に何kgという場合は四六判の重さを表します。

韓国では平米当たりのg数で表します。
100gの紙といえば、1平米当たりの重さが100gの用紙。

ソウルの印刷団地には、紙問屋も集まっています。
印刷用紙の注文を受けた紙問屋が、用紙をフォークリフトに積んだままで、納品する光景もよく見かけます。はじめて見たときには、思わず笑ってしまいましたが、とても合理的な納品方法です。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る