好きな韓国料理

今月のお題は「好きな韓国料理」

たいていのモノは食べますが「旨い」と思ったのは、まずはカンジャンケジャン。
カンジャンケジャンは、ソウルはいまひとつで、なんといっても全羅南道。
「カンジャン」は韓国式醬油、ケジャンは「ワタリガニ」、その名の通り、ワタリガニを醬油で味付けした料理です。
kanjankejan.jpg

韓国料理といえば、キムチと冷麺くらいしか興味なかった頃、一発で気に行ったB級グルメがあります。スンデとチョッパルです。
韓国の牛肉が美味しいと思ったことはあまりありませんが、豚肉は好きです。
テジカルビやサムギョプサルといった定番も悪くはありませんが、スンデとチョッパルは日本の韓国料理店にはない韓国ならではのB級グルメです。
buta.jpg

あと鶏肉料理では参鶏湯とタッカンマリ。

プデチゲは、店によっては外れもありますが、日本人好みのメニューと思います。
pudechige.jpg

韓国に来た当時は、まったくダメだったけど、いまは食べられるようになったのが家庭式韓国料理のペッパンです。ご飯と汁、さまざまなおかずがセットになったメニューです。
peppan.jpg

基本的に好き嫌いは少ない方ですが、どうしても食べられないのはタコ。
タコを食べるのは日本人と韓国人くらいだそうですが、まったくダメで、タコ料理の店では周りのおかずばかり食べています。
tako.jpg

それと、日本人なので刺身は好きですが、韓国の刺身は一匹いくらで、それなりの人数がいないと食べる機会は少なく、しかもコチュジャン付きなので基本的に醬油とワサビを持参します。
sashimi.jpg

韓国式中華料理では、タンスユク(酢豚)くらい。タンスユクが好きな日本人は結構いるみたいです。
中tansuyok.jpg

最後にソウルで見つけた日式料理を2つ紹介します。
ところてんは、京東市場で見つけました。ただ、味付けは、日本人にとってはとんでもないので、そのまま買って帰って、ポン酢で食します。
日tokoroten.jpg

もう一つは、これ何かわかるでしょうか。
日式の食堂で「親子丼」を注文したら、こんなものがでてきました。
思わず「違いますよ〜」といったら「これがウチの親子丼です」と返されました。
日oyakodon.jpg

ブログ記者団用バナーmini.jpg

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る