写真を撮る〜子どもと動物

子どもと動物の写真は難しいといいます。
「写真を撮るよ」と声をかけ、注目させてからカメラを構えて、構図を決める人が少なくありませんよね。

大人であれば、カメラマンが構図を決めて、シャッターを切るまで待っています。
でも、子どもは、声をかけられたときは、カメラに注目しますが、カメラマンが構図を決めている間に、ほかに興味が移ると、その興味のある方に注目して、カメラの方には戻ってきてくれません。

どうすれば良いか。
子どもの興味が他へ移る前に、シャッターを切るしかありません。
まず、声をかけて、注目させます。
そして、カメラを構えると同時に、一瞬で構図を決めてシャッターを切るのが、ベストです。
慣れている人は、頭の中で構図を決めてから、声をかけて、子どもの視線がカメラを向いた瞬間に構図を合わせてシャッターを切ります。

あるプロカメラマンは、子どもの視線がカメラに向かった瞬間に、まず、シャッターを切り、それから構図を決めて写真を撮っています。
良い構図の写真を撮りたいが、子どもの視線が戻ってくるかどうか、判らないので、子どもの興味が他へ行く前に、取り敢えず撮っておきます。
構図を決めるまで、子どもの視線がカメラにあれば、あとから撮った写真を使いますが、興味がよそへ写ってしまったときには、先に撮った写真を使います。

動物は、子ども以上に、カメラマンの要望に従ってくれません。
予測も困難で、事前に構図を考えても、予想に反することもあります。

ファインダーのなかに動物が入ったら、構図が多少不満でも、まず撮っておく。
それから構図を決めて撮る、の繰り返ししかありません。

デジタルカメラは、現像もプリントも不要。
たくさん撮ってもお金もかかりません。
撮って、気に入らなければ削除して。
また撮って、削除して。
を繰り返せば良いのです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る