ナザレ園の日本人妻たち

ナザレ園の入所者は大正末期から昭和初に生まれた方々。
義務教育を終えた頃に、太平洋戦争に突入し、終戦と同時に韓国に渡りました。
日本での記憶は学校時代しかないのでしょう。
長い韓国生活のなかで、日本語を忘れた方々もいらっしゃいますが、唱歌を歌うと思い出して、一緒に口ずさみます。
90歳になってもいまなお、覚えているのです。
また、ナザレ園は入所者を日本名で呼びます。
根強い反日思想のなか、名を韓国風に変え、日本人であることを隠して暮らしてきた日本人妻たち。
入所した当初、ふただび日本名となった日本人妻たちは、名を呼ばれるたびに涙を流すそうです。
ナザレ園ではすべての部屋でNHKを見ることできるようになっていて、のど自慢や相撲を食い入るように見ているとか。
九州出身の方は、熊本の地震に心をいためています。
日本人として生まれ、韓国に渡ってまもなく70年。
ふたたび日本の土を踏むことも、いまの日本を自分の目で見ることがない日本人妻たちは、ふたたび日本人として最期を迎えます。
日本人妻たちを最期まで見てくださっているスタッフには、日本人として感謝の念に絶えません。
韓流やKーPOPなど韓国の文化に興味をもってる方は少なくありませんが、機会があれば訪れたい場所です。
http://rot2.a8.net/jsa/e135eed52fce1e133501325c2d27031d/c6f057b86584942e415435ffb1fa93d4.js

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る