またまた印刷用紙

印刷用紙には、一般に使われる上質紙や広告印刷用のコート紙、写真をきれいに刷るアート紙などと特殊紙があります。

上質紙は、コピー用紙にも使われていますが、主に書籍などで使われ、韓国では白色紙といいます。
上質があるなら、品質が劣る紙もあるの?という疑問が生じます。
中質紙という紙もありますが、印刷ではあまり使いません。

コート紙には、光沢のコート紙とつや消しのマットコート紙があります。
写真の質はアート紙より劣りますが、アート紙に比べて値段が安いので、チラシやカタログなどに使います。
コート紙は鉛筆で書き込みはできず、印章のノリもよくないので、書き込みが必要な印刷物ではマットコートがおすすめです。

アート紙も光沢のアート紙とつや消しのマットアート紙があります。
純白の用紙で写真がきれいに印刷できますが、コート紙に比べて値段が高く、コシも弱いので、品質にこだわる印刷で、部数もさほど多くないケースでおすすめします。

レザックやタントといった凹凸のあるエンボス紙をよく見かけます。
レザックもタントも日本ではオーソドックな特殊紙ですが、韓国でも普及しています。

茶色っぽい封筒や紙袋を見ますが、クラフト紙という漂白しない用紙で、強度が強く、主に包装材に使います。
印刷団地で、クラフト専門業者も見かけました。

ユポという紙は水に濡れても大丈夫な紙で、ユポ紙を使ったポスターは、何度でも使い回しが可能な優れもの。
折りに弱く、折り畳んでも開いてしまう性質をもっていて、とくに目に逆らって折ると、反発してすぐに開いてしまう性質から、日本では選挙の投票用紙に使われています。
投票箱に入れた途端に開くので、開票作業がはかどります。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る