韓国語学習

来韓当時、ハングルの読み書きと簡単な挨拶程度しかできませんでした。
読み書きといっても、子音と母音の組み合わせでできている読みがわかる程度。
韓国に来て3ヶ月経ってから鐘路にある語学院に通いはじめました。
毎月、何人か入れ替わりましたが、日本人はほとんどいなくて、いつも欧米人が半数以上を占めてしました。
8人クラスで国籍が8ヶ国、韓国人の先生を加えると9人で9ヶ国!になったこともあります。
初級クラスで韓国語が殆どわからないことと、先生が英語が堪能だったこともあり、授業中の会話は英語が多かったです。
○○の単語はどういう意味かと聞かれ、辞書を見て日本語で理解しても発表は英語。
休憩時間の雑談も英語で、韓国語以上に英語を勉強したかもしれません。
週2回の授業でしたが、仕事が忙しくなって欠席がちになったので、コースが終わったタイミングで学院をやめ、たまたま見つけたロゼッタストーンを購入。
自宅PCで自分の時間で勉強できることに魅力を感じたからです。
語学院の下地があったおかげか、6ヶ月のプログラムを4ヶ月で終了。
読み書きや会話もさほどではないけど、リスニング力は飛躍的に向上しました。


kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る