日韓スワップ2;自国通貨スワップ

2005年5月27日、日本銀行と韓国銀行はCMIと別に円—ウォンの貨のスワップを締結しました。
上限は30億米ドル相当の円もしくはウォンで、当初期限は2007年7月ですが、期限を前に2010年7月3日まで3年間延長し、2010年に再延長。
2013年7月3日が期限になりました。
2008年12月、リーマンショックを受けて、2009年4月末までの時限措置として、200億米ドル相当の円またはウォンに増額。
2009年3月、この増額を2009年10月末まで延長。
2009年10月、この増額を2010年2月1日まで延長。
2010年1月、この増額を2010年4月末まで延長。
2010年4月30日、増額を終了し、30億ドル相当に戻る。
2011年10月19日には、この円―ウォン貨スワップの上限を2012年10月末期限で、300億米ドル相当の円またはウォンに増額。
このスワップと別に、政府間で300億ドルの時限スワップも締結しています。
これにより、2011年10月から2012年10月末まで、日本から韓国へのスワップは、銀行間スワップ300億ドル相当+時限スワップ300億ドル相当+チェンマイ・イニシアティブ(CMI)スワップ100億米ドルの計700億ドル相当となりました。
2013年6月、両国の中央銀行間による30億ドル相当の円-ウォンの通貨スワップを延長しないことで合意。
自国通貨スワップは2013年7月3日に終了し、2015年2月23日にはCMIスワップも期限を迎え、日韓スワップはなくなりました。


“”


kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る