日韓スワップ再開? その2

韓国政府がここにきて提案したのは、中国との関係でしょう。
韓国の通貨スワップは、約半分が中国元で、表向きは中国の景気の鈍化と中国元安の懸念ですが、政治問題がありそうです。
北朝鮮の軍事行動が増えたことで韓国国防省と在韓米軍は、2016年7月に、米最新鋭ミサイル防衛システム「THAAD」の在韓米軍への配備を決定していますが、中国はこの韓国内へのTHAAD配置に反対しています。
韓国と中国の通貨スワップは2017年10月に満期を迎え、延長には合意していますが、THAADへの反発で、中国が金額を減らす可能性があります。
ちなみに、2015年の韓国の日本向け輸出は255億7700万ドルで、多くが米ドルまたはウォン決済。
一方、日本の韓国向け輸出は458億5400万ドルで、米ドルまたは円決済が大半。韓国が外貨不足に陥れば、日本企業が受け取るドルや円が少なくなる懸念があります。
日韓スワップが、米ドルーウォンではなく、円ーウォンになれば、いざというときに日本企業を救済する制度という要素が深まりそうです。
韓国は米ドルのスワップを望んでいますが、アメリカが協議する応じる気配はありません。
日韓両政府は、通貨スワップ取極について議論を開始することに合意しただけで、時期(スタートと期限)、通貨、上限など、具体的には何も決まっていません。
日韓スワップ再開の是非に関心が集まっていますが、通貨はどうなるかも興味深いところです。





kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る