日本語表記 禁則

日本語表記にはルールがあります。
これらのルールを把握している人は、
(1) 日本語教育関係者
(2) 編集者、校正者、コピーライター
(3) 企業等の総務 など

まずは「禁則」と呼ばれるルールを紹介します。

一字下げ
段落のはじめは一字下げるルールです。
書籍や新聞などでは原則的なルールですが、商業印刷等や新聞広告など、コピーライターやデザイナーの時判断で、この一字下げをしないこともあります。
PLUXで作成・出版した「韓国ビジネス便利帖」は、一字下げなしで統一していますが、例外的な表記です。
とくに理由がない場合は原則にしたがいます。

句読点
句点は、縦書きは「。」で、横書きは「。」または「.」です。
横書きの「。」「.」どちらを使っても良いのですが、統一することが原則です。
読点も、縦書きは「、」で、横書きは「、」または「,」です。
これも横書きはどちらを使っても良いのですが、どちらかに統一します。
行頭は、句読点ではじめてはいけません。どうしても行頭にくる場合は、字間を調整するなど、句読点が行頭にこないように修正します。

長音
片仮名表記では長音「ー」を使う単語があります。日本語を学習する外国人が苦手とする表記ですが、長音ではじめないというルールがあります。
句読点と同様、字間調整などで、長音が行頭にこないようの修正します。

ほかに、行頭にきてはいけない語があります。
「ん」と「ぃ」「ぇ」「ゃ」「ゅ」「ょ」など小文字、「ゞ」や「・」などの和文記号です。ちなみに「・」は、中黒と読みます。

また、綴じ括弧が行頭にくるのはNGで、はじめ括弧が行末にくるのもNGです。

最近は、新聞など行頭に長音「ー」がある文章もありますが、新聞社や出版社では、独自のルールを定めていることもあります。
独自のルールがない一般企業等では、禁則は守るのが、原則です。

2013_businessguidebook_mini.jpg
韓国ビジネス便利帖

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る