提案とマイナス情報の伝達

韓国企業から無茶な要求を受けたとか、理不尽な訴えを受けたという話を耳にします。
提案の際に正しく伝えたかが対応のポイントになるケースがありそうです。
相手方から聞いていないと言われてしまったら水掛け論争になってしまいますが、韓国では良いことしか伝えない。といったことが多々あります。
部下からの報告も良いことばかりで、マイナス情報はなかなか報告してきません。
パワーポイントで作る提案書も良いことばかりを書き連ねて、マイナス情報は口頭で伝えたり、聞かれてたら応える程度というケースがよくあります。
理不尽な要求や問題が起きたときに、伝えたかどうか証拠がありません。
日本のカタログは製品・商品のバリエーションや仕様を事細かに記載しています。
購入者はカタログを見て自ら取捨選択できます。
韓国のカタログはさほど詳しくないケースが多々あります。
パワーポイントは、日本も韓国も同じですが、販売者が取捨選択した情報が一般的。
購入者が取捨選択できるカタログは、購入者の自己責任と言い換えることもできます。
情報が不足するカタログやパワーポイント資料は、販売者が取捨選択するので、情報が不足した場合、販売者の責任となりかねません。
マイナス情報も同じです。
ある損害保険のパンフレットを見たことがあるのですが、中面では良いこと、つまり、どういうケースに使える保険かを紹介しています。
そして終面で保険が出ないケース=契約者にとってのマイナス情報=を羅列しています。
営業マンが自分で作るパワーポイントは、マイナス情報は書きづらいものです。
マイナス情報が目立つと、マイナス情報を伝えたがらない営業マンは使わなくなってしまい元の木網です。
購入者が「自己責任で」取捨選択できる詳細情報やマイナス情報を網羅したカタログと、営業マンが取捨選択した情報を記載する提案書の併用が良いでしょう。


kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る