広告業界 ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーと呼ばれている広告会社があります。
企業グループに属し、親会社の広告宣伝を扱う広告会社です。
韓国のSamsung、現代、ロッテなど財閥系企業は、グループ内にハウスエージェンシーをもっています。

ハウスエージェンシーは、鉄道会社系のように、もともと親会社である鉄道広告の管理からスタートした会社もあれば、代理店手数料を目的としてスタートした会社もあります。
広告の出稿が多い会社や企業グループは、その手数料もバカになりません。

近頃の広告会社は、広告の取り扱いだけではなく、スポンサー企業のマーケティング戦略会議にもメンバーとして参画しています。
同じ企業グループに属すハウスエージェンシーは、機密が漏洩する心配が少ないメリットがあります。
韓国でハウスエージェンシーが多い理由のひとつかもしれません。

欧米の広告業界では「一業種一社制」の原則があります。
マクドナルドの広告を扱う会社は、他のハンバーガーチェーンの広告は扱いません。
「広告代理店が競合社の製品の購買も促進する」という矛盾が生まれないためですが、マーケティング戦略に深く関わるので、機密漏洩を回避するためでもあります。

例外が、日本と韓国です。
たとえばSamsungのハウスエージェンシーはLGの広告は扱いませんが、ハウスエージェンシーではない広告会社だと、同じ広告会社がトヨタとホンダの広告を扱うなど、1つの広告会社が競合社の広告を扱うことも珍しくありません。

大手の広告会社には、大口スポンサーの専門チームがあるので、漏洩の心配はありませんが、中小の広告会社のなかには、企業モラルとして競合社の仕事を受けない会社もあります。
不動産や求人など、専門に特化している広告会社は、当然ながら、同業の広告を多く扱っています。

また、欧米ではマーケティング戦略を企画し、また、広告制作を担当するPR会社と広告媒体を扱う広告代理店は別というのが一般的です。
一方で、日本と韓国は、広告会社がマーケティング戦略から広告制作、広告媒体の手配まで、一括で扱う特徴があります。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る