広告を考えるときのポイントです。
以前も書きましたが、まずは、ターゲットと目的をはっきりさせることが重要です。

広告プランナーになったころは、スポンサーが決めた媒体に出稿するデザインやコピーの提案が主でした。
テレビ局や新聞社が、スポンサーに営業活動をして、スポンサーと各媒体の間で、広告出稿が決まります。
その媒体に出稿する内容を提案します。
そして、採用された内容に沿って、素材を集め、制作に取りかかります。

次には媒体提案。
商品PRする方法として、テレビが良いか、ラジオが良いか、新聞広告、折込みチラシなど、最も効果的で効率的な広告媒体を、データともに提案します。
採用された媒体に合わせて制作に取りかかります。

いまは、PR戦略の提案にかわってきています。
まず、はじめにPR戦略を組み立てます。
それから、広告展開を検討します。
そして、最後に媒体を選びます。

まずは、消費者動向を検証して、ターゲット層と目的をはっきりさせます。
それから、PR戦略企画に進みます。

消費者動向の検証というと、データを求める企業も多いので、データを探すこともありますが、PR企画で、データを参考にすることは少ないです。

入手できるデータは、たいてい過去のもの。
消費者はデータで商品を買わない。
という二つの理由からで

課題の抽出としては有効なこともありますが。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る