会社案内

会社案内を作る目的は、3つあります。

1つめは、取引先に会社の業務内容やポリシーを伝えるためです。
営業等で取引先を訪問するとき、自社がどのような沿革か、会社のポリシーは何か、どのような製品を作り、どのような商品やサービスを扱っている会社なのかを伝えます。
最近は、パワーポイントで作った会社案内やカタログを持参するケースも増えています。

パワーポイントで作るとコストもかからず、いつでも変更が可能です。
部品メーカーなど取引先が限られる企業は、配布する機会が少ないので、ローコストで作ることができるパワーポイントが便利なのでしょう。
進出間もない企業など、市場をみながら取扱商品を変える際も商品の入れ替えが簡単です。

パワーポイントで作る短所は、なくされたり、捨てられたりすること。
受け取る側は、提示されたときにはひと通り目を通しますが、見返すことはなく、保存版とはなりえないことを前提につくることです。

2つめは、求職者向けです。
優秀な人材確保には、会社のポリシーをしっかり伝え、会社を理解してくれる人の採用が欠かせません。
韓国の若者は転職を繰り返します。会社のことを理解せずに入社し、意にそぐわないことがあると短期間で転職します。

営業でも、採用でも、パワーポイントの資料を受け取った人は、受け取ったときに目を通すくらいで、見返すことはなく、会社を理解することなく入社した人は、意にそぐわないことがあると短期間で退職し、居心地が良い会社に巡り合うまで、転職を繰り返します。

3つめは、従業員に対する会社のPRです。
育て上げた従業員の退職は、会社にとっても損失です。
どのような会社なのか、現在はもちろん、将来に向かって、会社がどのように考えているか、求心力を高めるPRも大切です。

韓国では、旧正月や秋夕など、家族が集います。
従業員が帰省する際に、従業員の家族、とくに親に対して、子がどのような会社で働いているのかを伝えるツールとしても有効です。

事業に必須の会社案は、パワーポイント、印刷、それぞれのメリット•デメリットを考えて作ることが大切です。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る