ホームページと日本語表記

ホームページは、原則的に世界中の誰でも見ることができます。
言い換えると、見る人によって環境が異なりますので、表示も異なってきます。

まずは、ブラウザ。
ホームページ(Webサイト)閲覧用のブラウザには、InternetExplorer、GoogleChrome、Firefox、Safari、Operaなどがありますが、特に韓国では、InternetExplorerのシェアが高いので、InternetExplorerで表示を確認して公開しているサイトく、他のブラウザで見ると、レイアウトや文字が変わっていることがあります。
なかには、まったく表示されないサイトもあります。

同じブラウザでも、PCの設定によっても変わります。
PCのディスプレイには、さまざまなサイズがあります。
PCで画面サイズを設定することができますが、ほとんどの人は初期設定のまま使い、変更することはありません。

ブラウザで表示される標準フォントや標準フォントサイズも、さまざまあり、変更は可能ですが、ディスプレイと同様、初期設定のまま使っている人が圧倒的です。

ホームページを作成する際、フォントやサイズを指定しても、見る人の環境で変わってきます。特定フォントや特定サイズなど、絶対的な指定も可能ですが、環境によっては見づらいことがあり、相対的な指定とするのが一般的です。

フォント、サイズ、改行など、絶対的な指定をする方法として、テキストをPDFにして掲載する方法もあります。

韓国語ページを日本語で見たいときなど、Google翻訳などでページを丸々翻訳することがありますが、PDFのデータは翻訳されず、PCの環境によっては見づらくなることがあります。

誰でも見ることができる反面、見る人の環境で表示がかわるということを念頭において、作成する必要があります。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る