ホームページとブラウザ

インターネットサイトを閲覧するアプリケーションをブラウザといいます。
インターネットが一般に普及しはじめた頃は、ネットスケープナビゲーターというブラウザが主流でした。
MicrosoftがInternetExplorerを開発してWindows95にオプションで搭載しましたが、当初はまったく使い物にならなくて、多くの人がネットスケープナビゲーターを買っていました。

InternetExplorerのレベルが向上し、Windows98に標準で搭載されるようになってから、ネッ多くの人がWindowsに標準搭載されているInternetExplorerを使うようになり、ネットスケープのシェアは1%を遥かに下回っています。

Macは、当初はネットスケープを標準で搭載していましたが、98年にAppleとMicrosoftの提携で、InternetExplorerが標準になりました。
その後、Appleが2003年にSafariを開発し、MicrosoftがMac用のInternetExplorerの開発を中止したため、AppleのMacとiPhone、iPadは、Safariが標準ブラウザとなっています。

InternetExplorerとSafariのほかにもWindows版では、FirefoxやGoogleChromeがあります。
GoogleChromeは、gmailやGoogleドライブなど、Googleのサービスを利用している人には便利なブラウザです。
また、WindowsとMac、両方で使えるブラウザにOperaがあります。
一時期、Windows版のSafariもありましたが、使い勝手があまり良くないと感じていたのですが、配布も終了したようです。

ところで、ホームページはブラウザによって、レイアウトや文字のフォントやサイズなど、表示が変わることがあります。
また、最近はFlashをはじめ、さまざまな形式の動画が増えていますが、ブラウザによっては、この動画をみるためのプラグインなかったり、セキュリティソフトなどが対応していなかったりということもあります。

ネットスケープとInternetExplorerがシェアを競っていた当時は、両方のブラウザの表示を確認しながらホームページを作っていましたが、最近は、InternetExplorerだけで確認して、作っているページも多くなっています。

金融機関など、セキュリティソフトを設置してからみることができるホームページもありますが、InternetExplorerとFirefoxしか対応していないセキュリティソフトもあります。

Firefox、GoogleChrome、Operaとも、InternetExplorerよりも軽くて、ホームページの閲覧速度が速いメリットがあります。
ブラウザは、それぞれ長所と短所があるので、いろいろ使ってみるのも良いでしょう。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る