スマートフォン

今日は大統領選で祝日。閑話休題、携帯電話の話です。
日本では日曜日に投票が行われますが、韓国では投票日が休日になります。

ソウルに住んでいる日本人の携帯電話をみると、iPhoneが多いことに気づきます。
多くの人がスマートフォンを使っていますが、韓国語と英語以外の言語に対応している携帯電話の機種は限られ、そのなかで、どこでも購入可能な機種がiPhoneだけなのです。

世界の携帯電話市場で大きなシェアを持っている韓国のSamsungは、韓国ではいうまでもなく、利用者が圧倒的に多いのですが、韓国で売られているSamsungのGalaxyは韓国語と英語しか対応していません。

韓国で売られているSamsungの携帯電話では、平仮名と片仮名は記号扱いなので、仮名で文字メールを打つことは、一応はできるものの、とても面倒で、スマートフォンが普及する前、在韓日本人同士ではローマ字やハングルの文字メールで、連絡を取り合っていました。
ハングルは発音記号なので、子音と母音の組み合わせで、日本語の文章をつくることができるのです。

Face BookやLINE、カカオトークなど、電話や文字メール以外のコンタクト手段が日常的になってくると、仮名はもちろん、ローマ字やハングルの日本語は打つ方も読む方も面倒ですし、初期設定で表示される文字もやはり、漢字仮名混じりの日本語が簡単ですので、日本語に対応しているiPhoneを使う人が増えています。

iPhoneを使う人が増えると、アプリケーションなど情報交換もしています。
仕事や普段の生活など、日常的に役立つアプリも充実していて、在韓日本人同士で情報を交換しています。

共通して使っているなかでも多いのは、地下鉄の路線図と時刻表がセットになったアプリ、バスの路線図、それとFace BookやLINE、カカオトークなどコミュニケーションアプリです。
ほかに、仕事用のアプリを使っている人もいます。

日本で契約したiPhoneと韓国で契約したSony EricssonのAndroidを使っていて、とくに、カレンダーはPCと連動するように設定していますが、iPhoneの方が使い勝手が良いです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る