Schneider Kreuznach

シュナイダークロイツナッハ(Schneider Kreuznach)はドイツのレンズメーカーで、ライカやハッセルブラッドにレンズをOEM供給しています。

いま、デジタルカメラはキヤノンとニコンの2大メーカーをソニーやパナソニックが追っていて、世界シェアの80%以上を日本ブランドが占めています。

普及機では圧倒的シェアをもつ日本ブランドですが、高級機はドイツのライカ(LEICA)やローライ(Rollei)、スエーデンのハッセルブラッド(HASSELBLAD)が有名です。

それら高級機にレンズを供給しているのが、ドイツのカールツァイスとシュナイダーです。

韓国で売られているデジタル一眼カメラ用のZEISSは長野県に本社をおくコシナ社が製造しています。
韓国ではサムスンがSchneiderブランドのデジカメ用レンズをライセンス生産しています。

今日紹介するSchneider KreuznachのCurtagonはドイツで製造されたレンズです。
詳しい資料はありませんが、1960年代初期につくられたモデルのようです。

絞りもピントもマニュアルで、デジタルカメラとはマウントが異なりますですが、PENTAXは1975年までシュナイダーと同じレンズマウントを採用していた経緯から、レンズアダプターやカメラの設定など、当時のレンズを使うことができるよう機能が備わっています。。

もう1枚の写真はKODAKのシグネット(SIGNET)35という1950年代に作られたカメラです。
ミッキーマウスの名で親しまれ、ヒットしました。

いずれも50年前以上に作られたものですが、懐古趣味などでなく、はじめからメイン機として使用する目的で購入したモノです。

いずれもシンプルな構造で十分に使うことができますし、写真の仕上がりも奇麗です。

IMG_3552.jpg

IMG_3555.jpg

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る