駐在員のビザ申請(D-7/D-8)

駐在員の査証には、駐在(D-7)と企業投資(D-8)があります。

駐在(D-7)査証は、公共機関や団体または会社の本社、支社、その他事業所等に1年以上勤務し、韓国内の支店や連絡事務所に必須専門人力として派遣される人に発給されます。
日本国内の住所地を管轄する領事部または領事館で申請します。

企業投資(D-8)査証は1億ウォン以上かつ議決権をもつ株式総数の100分の10以上を投資した外国人投資企業(現地法人)に必須専門人力として派遣される人に発給されます。
日本国内の住所地を管轄する領事部(領事館)のほか、韓国の出入国管理事務所やKOTRA、ソウルグルーバルセンター内の出張所でも申請できます。

駐在(D-7)査証申請手続き

必要書類
・査証発給申請書
・パスポート
・写真1枚
・必須人材であることを証明する書類(履歴書・経歴書)
・本社の登記事項全部証明書(公共企業は省略可)
・海外直接投資申告受理書又は海外支店設置申告受理書
・海外送金確認立証書類
・海外支社の法人登記事項全部証明書又は事業者登録証
・海外支社の在職証明書及び納税事実証明
・人事命令書(派遣命令書) : 派遣機関を明示
※詳細は申請する領事館にお問合せください。

駐在(D-8)査証申請手続き

必要書類
・査証発給申請書
・パスポート
・写真1枚
・外国人投資申告書又は投資企業登録証のコピー
・事業者登録証のコピー
・法人登記事項全部証明書
・株主変動事項明細書の原本
・投資資金の導入関連立証書類
a. 現金出資
– 税関または本国の銀行等の外貨搬出許可書等
– 投資資金の導入内訳書 (送金確認証、外国換買い入れ証明書、税関申告書等)
b. 現物出資
– 現物出資完了確認書の写し(関税庁長発行)
– 税関輸入申告必証の写し
・人事命令書(派遣命令書) : 派遣機関を明示
※投資金額約3000万円未満の個人投資者
・資本金使用内訳(物品購入領収書、事務室等インテリア費用、銀行口座の入出金内訳書等
・事業場存在立証書類 (事務室賃貸借契約書、事業場全景・事務空間・看板写真等)
※追加書類を求められることがあります。詳細等申請先にお問合せください。

関連記事

話題の記事

  1. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  2. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  3. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  4. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…
  5. W フィルハーモニック管弦楽団 2020年マスターシリーズ1
    ♦フランスの名曲に親しむコンサートとチケット割引販売のご案内です。  ♣【プログラム】 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る