飲食店の広告

飲食店は、不特定多数のように思いますが、広告のターゲットは限られた地域で、特定多数に該当します。

家庭用→大量消費→特定多数→限られた地域→来てもらう。
という考え方です。

江北の人が江南にある店に行くこともありますが、ごくごく例外。
離れた地域から、わざわざ足を運ぶ店は、地域で評判を取った店なのです。
したがって、まずは、近隣地域に頻繁に足を運ぶ人が広告のターゲットになります。

広告はオフィス街であれば手配りのチラシ、住宅地であればポスティングも効果的です。
日本では新聞折込みもありますが、ソウルでは新聞を定期購読している人はそれほど多くないので、ポスティングが効率的です。

はじめて行く店に、どんなメニューがあるのか判りません。
はじめての来店者に十分な情報を伝えるためには、チラシやリーフレットが有効です。

駅に近い繁華街だと、駅内広告や看板も良いでしょう。
手配りのチラシやリーフレットは、そのときに、その場所にいないと、渡すことができませんが、駅内広告や看板は、いつでも目にとまります。
名前がある程度、知られている店だと、クーポン券の手配りも効果的です。

飲食店がリピーターの来店を促す方法はコストパフォーマンスしかありません。
味とサービス、価格のバランスです。

新しい飲食店の多くは、開店と同時に広告予算を組む傾向があります。
開店費用を早く回収したい気持ちはわかりますが、開店から少なくとも2週間後。
できれば一ヶ月後をすすめています。
開店当初は勝手がわからず、サービスの不手際も多々あります。
不手際のために、評判を落とす店も少なくありません。
スタッフが慣れてから、集客を図る方が良いです。

味やサービスが地域で評判になれば、職場や自宅がちょっと離れた人も来店して、リピーターになってくれる可能性も大きいです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る