韓国風物詩 ’あるある’ キムジャン

11月下旬から12月初旬の風物詩に「キムジャン」があります。
家族や親戚など女性を中心に集まって、キムチを漬け込みます。
野菜が不足する冬を備えて、冬から春まで食べるキムチを漬け込むもので、年中野菜が手に入る現代でも行われている行事です。
キムジャンは、自分たちが食べる分以上に漬け込む家庭も多く、おすそ分けに預かる在韓日本人も少なくないようです。
とはいえ、もともと大量に提供する韓国人のこと。
とても食べきれる量ではないし、いまは年中野菜が手に入るので、毎月のように漬け込み、その都度、おすそ分けをくださる人すらいます。
いただいたキムジャンキムチを食べきらないまま1年が過ぎ、新たなキムジャンキムチがやってきます。
日本人として、いただいた食べ物を捨てるのは気が引け、冷蔵庫には食べきれないキムチがどんどん増えていきます。
kimc1 (1)
kimc3
スカイスキャナーで航空券比較検索

韓国語も”聞いて話せる”【ロゼッタストーン】

百済王子が見た飛鳥「百済の裔」

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る