集団的自衛権考察 from 韓国(後編)

昨日の続き
いざというとき、5千人は自力脱出するとして、残りの5万人+αをどうやって守るか。
政府専用機という話もありましたが、邦人救出の定員は1機あたり350人。2機使っても700人しかなりません。
可能な民間船をチャーターするにしても1日1000人分確保できるかどうか。
さらに、民間フェリーや政府専用機は防衛能力がないので、軍による護衛は必須で、搭乗なり乗船の順番を待つ邦人も守らなければなりません。
韓国軍に頼るわけにはいきません。彼らには守るべき国と家族がいます。
在韓米軍は縮小傾向にあるし、彼らも米国人の警護が優先でしょう。
となると、日本政府にとっても、在韓邦人にとっても自衛隊が渡韓して日本人を守るのが一番、確実で安心です。
自衛隊は国連軍には参加しているけど、国連軍が編成されるまで待っていられません。
もちろん、そういう事態が起きないことが理想ですが、いざというときに備えた保険が集団的自衛権かもしれません。
在韓米軍が戦争に参加したら、集団的自衛権を名目に自衛隊が渡韓する。
米軍は戦争に参加し、自衛隊は在韓日本人とアメリカ人を守る。
いまの集団的自衛権が浮上したタイミングを見ると、こんな背景が想像できそうです。


kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る