販促品の渡し方

販促品を考える上で、どうやって渡すかも考える必要があります。
つまり、相手先が受け取る場所が、事務所や家でない場合は持ち帰る方法、渡す側が持ち歩く場合は、持って行く方法を考慮します。

記念品など式典等の来賓に渡すケース、展示会などで来場者に渡すケース、プロモーションなど店頭や街中で渡すケース、配って歩くケースがあります。

記念品など式典の来賓に渡すケースでは、ある程度、サイズが大きい商品を選び、紙袋など包装を用意するケースが一般的です。
特別に紙袋を用意する場合は、手持ちで帰れるサイズであれば良いのですが、普段、会社で使っている紙袋や封筒を使う場合は、袋や封筒のサイズも考慮します。
袋や封筒に比べて、小さすぎる品や大きくて破れてしまうのは避けるようにします。

展示会や店頭プロモーションなども、使い切りのボールペンやUSBのような小さいサイズだと良いのですが、大きいサイズになると、もらった人がどうやって持ち帰るか考える必要が有ります。

持参する場合は、持って行く方法も考慮します。
以前、持参用の販促品として、日本酒を使いたいという相談を受けたことがあります。
自動車であれば良いのですが、電車に乗って持ち歩くということで、重量を考えると一度に2〜3件が限界で、非効率です。

重量はさほどでなくても、大きいパッケージを何個も持ち歩き、訪問先で一個だけ渡すのは、見た目によくありません。
持ち歩く場合も、サイズや包装の考慮は重要です。

ボールペンでもブランドものになると、本体のサイズは小さくてもパッケージが大きくなり、以外と嵩張ります。
時計や万歩計も、そこそこのものになると、同じようにパッケージが嵩張ります。

プロモーションでブランドものなどを渡すケースはありませんが、持ち歩きの際には、パッケージのサイズも考慮します。

日本から韓国を訪問して複数箇所を回る場合や、韓国から日本を訪問して複数箇所を回る場合など、飛行機への持ち込みも考えます。

販促品や記念品は、もらった人の利便性に加え、もらった人の持ち帰りや、スマートな渡し方も考えて、選ぶと良いでしょう。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る