販促ノベルティ 汎用品と専用品

販促ノベルティ品のなかには、汎用品と専用品があります。

ボールペンやタオル、傘など、誰がもらっても問題なく使うことができる汎用品の定番です。
もらう側のこだわりは少なく、値段はさまざまですので予算で選ぶと良いでしょう。

携帯電話のケースやカメラケースなどの多くのは専用品です。
その商品にしか使えないので、配布相手が限られます。
携帯電話は、iPhoneやギャラクシーなど持っている人が多い機種だとは、専用ケースの種類も多いのですが、こだわりもあるので、販促品として贈るのは難しいかもしれません。
カメラケースも、大抵、カメラの形に作ってあるので、そのカメラの購入者しか対象になりません。

缶ビールの注ぎ口に取り付けてビールを注ぐと、生ビールのような泡ができる商品がありますが、缶ビールはメーカーやサイズによって、大きさや形状が異なるので、特定メーカー向けの商品だと、特定銘柄しか対象になりません。

別な言い方をすれば、このような特定商品のみでしか使えない販促品は、その銘柄を購入する動機になる商品にもなります。

汎用品と専用品の中間に位置する特定の人のみを対象とする品もあります。
ゴルフ用品も販促品の定番ですが、ゴルフをする人しか必要としません。

商品に関連づけた品で、たとえば、カメラバックやブロワーなど、カメラを持ち歩いたり、メンテナンス用の品は、カメラを持っている人には重宝します。
化粧品であれば化粧用グッズ、薬であればピルケースなども、購入者には重宝します。

使い勝手が良いメガネ拭きやメガネケースは、メガネをかけている人にとっては、とても有り難いものです。
メガネをかけていない人には、不要の品ですが、家や会社など、大抵、周りにメガネをかけている人がいるので、もらって困る品ではありません。

定番のUSBメモリも、必要な人と必要としない人がいる品ですが、もらった人が必要としなくても、身近に必要な人がいる商品です。

販促品の選択に際して、商品やサービスの特性を踏まえて、汎用品、専用品、中間品から絞り込むのもひとつの方法です。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る