茶の話

いまから20年ほど前のことですが、京都の宇治市議会で宇治茶が議題になりました。
緑茶の売上が減少し、宇治茶を生産する農家など、生産者に穫って死活問題であるということで、どうやって、緑茶の需要を増やすか、長い時間、議論しました。

なかなか妙案がでないまま、休憩に入ったところ、ほとんどの議員が喫茶店に入って、コーヒーを注文したとか。
この緑茶のテーマを話してくれた議員は、憤っていましたが、実はここにヒントがあります。
コーヒーは喫茶店でお金を払って飲みますが、お茶はサービスと考え方が一般的です。

コーヒーは、ブラジルやコロンビア、モカなど、様々な産地があり、味も異なります。
喫茶店では、それらの産地の違いを楽しむこともできますし、それらの特徴を踏まえたブレンドもあります。

お茶も宇治、静岡、霧島などの産地や栽培方法、摘採、製造方法などの違いで、さまざまな種類がありますが、一般家庭でその味の違いを楽しむことなど、できるものではありません。

このような様々な茶を取り揃えた喫茶店を提言したのですが、20年経ったいまでも目にすることはありません。
インターネットで検索すると、いくつかあるようですが、まだ市民権を得るところまで至ってないのです。

結局、相変わらずサービス品とみなされたまま、店では、どうせサービスだからと価格で選ばれ、一般消費者も味より値段で買います。
そして、美味しくないからと、茶ばなれも進む悪循環です。

喫茶店に行くと、チーズケーキやチョコレートケーキなど、好きなケーキをコーヒーや紅茶と一緒に楽しむことができます。
好きな和菓子やせんべいを緑茶といっしょに気軽に楽しめる店が、緑茶業界に求められるようになってから、20年以上になります。

緑茶版スターバックスを展開するお茶屋さんが、現れないものでしょうか。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る