色の話し;販促品とシルク印刷

販促品は、シルク印刷が一般的ですが、タオルなどは刺繍もあり、箔押しもあります。

刺繍は使う糸のみで、1色だけとするのが一般的です。
箔押しも、金、銀、白、黒など、限られた色を1色のみ使います。
もとになる素材によって色合いが変わることがなく、糸や箔そのままの色です。

シルク印刷は、孔版印刷という版の隙間を通して、素材にインクが定着する印刷方法で、もともとは、版の材料に絹を使っていたことから名付けられました。

インクを厚く盛ることも可能で、布を使う場合は別ですが、ボールペンやUSBなど、金属やプラスチック素材はインクを吸い取らないないので、期待通りの色で印刷できます。
インクの刷色1色につき、1枚の版を使いますが、CMYKで印刷することもできます。
ただし、オフセット印刷のような細かい色合いの指定は困難です。
また、版の耐久性があまりないので、数万単位の大量印刷には不向きで、大量に印刷する場合は、複数枚使って印刷します。

印刷の色は、ある程度、自由度がありますが、もとの素材が、白だけではなく、シルバー、黒、赤系、青系など、さまざまですので、実際に印刷する商品に合わせて色を決めます。

はじめから販促品として使うことを想定して企画された商品だど、どのような色でも合わせることができますが、そうではない商品は、商品自体の色に特色を使っている場合もあります。
ロゴやコーポレートカラーなどの指定色と、印刷を施す商品の特色のバランスが悪いなど、思い切って商品をかえるか、ロゴを使わない選択肢もあります。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る