比較広告

欧米ではよくみる比較広告は、日本や韓国ではほとんど見かけません。
比較広告というのは、自社商品をライバル商品と比較して、優位性をアピールする広告です。

比較広告のモラルを口にする人もいますが、客観的データにもとづく比較広告であれば、モラルの問題はなく、法制上も、客観的なデータや事実にもとづく比較広告は認められています。
たまに目にする「業界初」「世界最小」などという表現も比較広告の一種ですが、「○年○月○日現在」など、客観的な根拠を記載しています。

昨日も書いたように、欧米では「一業種一社」の原則があり、たとえばトヨタの広告を扱う会社は、日産やホンダの広告は扱いません。
「一業種一社」であれば、広告会社として比較広告の提案は容易ですが、日本や韓国では、ひとつの広告会社が競合社の広告を扱うこともあり、比較広告は提案しづらいのです。

比較広告ではありませんが、客観性がない「最高」「最高級」「最上級」などの表現は禁止されており、また、「新製品」という表現も、商品によって使用できる期間が決まっています。

「極上」という名前の商品の広告を扱ったことがありますが、いかがなものかと迷いました。
極上、至上、最高など、客観性にもとづかない表現は認められず、新製品も基準がありますが、これらの単語が商品名に入っている場合、どこまで掲出して良いか曖昧です。

ヘッドコピーに商品名を使うことはよくありますが、極上、最高などという単語は、広告基準に抵触する恐れがあります。
万一、新製品○○などと名の商品が登場すると、いつまで立っても新製品という広告を続けることにもなってしまいます。
これら使用禁止の語句を使った広告を掲出すると、(広告会社ではなく)広告主が、営業停止処分を受けることもあります。

公正取引委員会がどういう判断をするのか、ちょっと興味があります。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る