日本のDVD視聴

先週、日本のテレビ視聴について書きましたが、今回はDVDの話しです。

日本から持って来た、あるいは、日本で買ったDVDを韓国のDVDプレイヤーで観ることができない経験をした人もいるのではないでしょうか。

DVDには、リージョンコードというものがあります。
映画は、国よって公開時期に差があり、たとえばハリウッド映画は、まず、アメリカで上映されてから、その後に、世界各地で上映されます。
日本で公開される前に輸入版のDVDが市場に出回ると、映画の興行収入が落ちてしまいます。
また、国によってDVDソフトの価格差や著作権などの問題もあり、多くのDVDソフトにリージョンコードが設定されています。

リージョンコードが設定されていないリージョンフリーのDVDもありますが、多くのDVDにはリージョンコードが設定されていて、日本と韓国は、このリージョンが異なるため、日本で買ったDVDソフトを韓国で観ることができないのです。

アメリカやカナダのリージョンコードが1で、ヨーロッパと日本は2。
韓国、台湾、香港、東南アジアは3、中南米が4、中国本土は6、国際線などが8です。

ヨーロッパと日本はリージョンコードが同じですが、テレビの方式が日本はNTSCで、ヨーロッパはPALと異なります。

韓国のDVDプレイヤーで日本のDVDを観るために、DVDプレイヤーのリージョンコードを変更する方法があります。
リージョンコードをする変更する方法は、メーカーでは公表していないため、ASに持ち込むことになります。
また、一度、変更したDVDプレイヤーを元に戻すことは、できないルールとなっていますので、日本のDVDを観るためにリージョンコードを変更してしまうと、今度は韓国のDVDを観ることができなくなります。

公式には、日本用と韓国用、2台のDVDを持つ必要があります。

あまり大きな声ではいえませんが、1台のDVDプレイヤーで両方を観る裏技もあります。
リージョンは1〜8のコードのほか、リージョンALL(0)もあります。
プレイヤーのリージョンをALL(0)に設定できれば、日本と韓国はもちろん、異なるリージョンのDVDも観ることができますが、メーカーのASはリージョンALL(0)の設定はしてくれません。

ちなみに私のプレイヤーは、欧州向けの並行輸入品で、そのままでは韓国では使えないため、代理店でリージョンALL(0)にしてもらいました。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る