印刷機とインク

カラー印刷は、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)の色材3原色にBk(ブラック)を加えた4色で色を表現します。
色材3原色を合わせると理論上は黒になりますが、実際には、きれいな黒にはなりません。
ほかに、この4色の組み合わせでは表現できない金と銀のインクがあります。

印刷機のなかには5色機もあります。
C•M•Y•Bkの4色で表現できない金や銀、あるいは、ポスターに、水濡れ防止のニスを塗るときに5色目のドラムが使われます。
ほかに、地図の印刷などでは、小さい字に網をかけると見づらいので、細かい文字用にもう1色追加することもあります。

乙支路の印刷団地を散策すると、菊半裁以上の大きさのオフセット印刷機は、三菱が最も多く、小森やシノハラが続いています。

菊半裁の印刷機はA2判以下のサイズの印刷が可能です。
名刺や封筒用の小型の印刷機はリョービが多いようです。
ちなみに日本では、中大型印刷機は小森、小型印刷機はリョービが普及しています。
小ロット印刷機として注目されているデジタル印刷機ではHPと富士ゼロックスを見かけます。

デジタル印刷では、CTP(Computer to Print)という看板も見かけますが、インディゴ印刷という看板もよく目にします。
はじめに持ち込まれたデジタル印刷機がHPのIndigoだったのでしょうか。
韓国ではWindows PCをIBMと呼んでいるので、同じようなものなのかもしれません。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る