印刷業界用語

前にも書きましたが、どの業界にも業界用語があります。
もちろん、印刷業界もたくさんあります。

昨日書いたスクリーン線数、業界人同士では単に「線数」と呼んでいます。
1インチのなかに、どれだけの線(つまりドット)があるかを表す数値です。

印刷機や紙のサイズに「菊全判」や「菊半裁」があります。
菊全判は939×636mm、菊半裁は636×469mmです。
国際規格のA1判のサイズが841×541mmで、A2判はその半分の594×420mmですが、オフセット印刷では、印刷機が用紙を掴んで送るための余白が必要で、A1判に余白分を足したサイズが菊全判、A2判に余白を足したサイズが菊半裁です。
ちなみに、菊全判や菊半裁という表現は、日本も韓国も共通です。

日本のJIS規格にはBサイズもあるので、日本ではB1判に余白を足した四六判1091×788mmも普及しています。
蛇足ですが、ベテランになるとA判やB判のサイズはmm単位で記憶しています。

カラー印刷は、C(シアン)•M(マゼンタ)•Y(イエロー)•K( Bk•クロ)の4色で印刷します。
日本では4色(4C•4ショク)と呼んでいますが、韓国では4도(ド)と呼びます。
また、色の呼び名もCは日本では「シアン」ですが。韓国では「サイアン」といいます。
K(Bk•クロ)は日本の業界では「スミ」ともいいます。

このブログで何度か、0%〜100%の11段階×4色で表すと書いていますが、百聞は一見に如かず。手元にあるカタログなどの印刷物をルーペで見ると、よく判ります。

印刷機メーカーのサイトにある4色機の写真を掲載します。
4つのドラムが並んでいますが、1つのドラムが1色で、2色機はドラムが2機、ドラムが5機の5色機などがあります。
l20.jpg

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る