ワンコイン

PLUXの事務所がある乙支路3街では、この2–3年で昼食が500Wー1000Wほど値上がりしています。
皆様の職場周辺はいかがでしょうか。

東京はここ数年、昼食代はもとより、値上がりしている消費材は少ないのですが、ソウルは値上がりしているものが多く、多くの消費材が東京の物価を上回っています。
経済に詳しい人だと、デフレ基調とインフレ基調というかもしれませんが、500円硬貨もその要因のひとつと考えます。

1982年に登場した500円硬貨は、いまは世界で2番目に高額な硬貨で、100円均一と並んで、ワンコインブームの火付け役となりました。

日本では昼食や日用品など、硬貨で払う機会が多く、100円ショップや1皿100円の回転寿司、さらには500円ランチなど、ワンコインがブームとなっています。

ワンコインを提供する飲食店や小売店など、ワンコインの値段に合わせるため、仕入れはもちろん、人件費、運営費など円単位のコスト管理に取り組んでいます。
ワンコインサービスを提供しない店も、多くがワンコイン店より質が落ちないよう、「金額に見合うサービスや品質」に取り組んでいます。

日本の消費者は、500円硬貨でお釣りがくれば、多少のことは目をつぶりますが、500円硬貨1個を超えると、味やサービスにシビアになります。

片や韓国はというと、最高額硬貨である500Wで買えるモノは限られます。
カード払いが普及しており、5000W以下、あるいは1万W以下なら現金で、超えたらカードで払うことが多いのではないでしょうか。
5000Wで買えたものが5500Wに値上げしてもカードで払うので、現金払いに比べて値上げの実感は少ないのです。

日本では100円や500円が消費代金を測る基準になっているのに対し、韓国では100Wや500Wは値上げ幅の基準になっています。

また韓国では、値段を確認せずに払う人も多いので、サービスを提供する側は、コスト削減に取り組むことなく、
原価があがったり、あるいは従業員の不満がでたりすると、そのコストアップに便乗して代金に上乗せをするだけ。
いとも簡単に値上げします。

つまりは、コスト意識が高い東京を、コストにルーズなソウルが上回っているという点も見逃せないと思います。

それにしても、6000~8000Wのランチを食べたあとに、5000~6000Wのコーヒーを飲む感覚には、いまだに違和感を感じます。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る