オーダーメイドとレディメイド

印刷と広告はオーダーメイド=特注品です。
販促品はレディメイド=が基本ですが、販促品の名入れ印刷はオーダーメイドです。
なかにはオーダーメイドもありますし、パッケージはオーダーメイドです。

印刷も広告もパッケージもないものから作りますので、まずは、イメージをつくることからはじめます。

印刷は、まずは、サイズを決めます。
印刷用紙は、ほとんどが菊判か菊半裁のサイズで取引されていて、その菊判から余白を除いたA列のサイズが基本サイズになります。
A列よりも若干大きいサイズも可能ですが、ポスターはA1判、A2判、A3判。
チラシやリーフレットはA3判、A4判、A5判などで、小さいものでは、A5判、A6判、A7判などが基本サイズです。

A列以外のサイズでの印刷も可能ですが、数量が多いほど、A判に合わせるのが、コストパフォーマンスが良いサイズになります。

まずは、サイズを決め、その決められたサイズ=スペースのなかに、盛り込む内容を決めます。
おおまかなデザイン=ラフスケッチをもとに、デザインを制作します。

新聞やテレビも同様です。
新聞によって、mm単位で若干の違いはありますが、その誤差はごく僅か。
予算と掲載面に応じて、サイズが決まります。
その枠=スペースのなかに盛り込む内容を決め、おおまかなラフスケッチをもとにデザインを制作します。
雑誌広告も同様です。

テレビも時間が15秒、30秒、60秒など、秒単位で枠=尺が決まっています。
余談ですが、日本のテレビや映画など、映像業界用語では時間の長さを「尺」といいます。
その尺のなかに盛り込む内容を決め、おおまかなラフをもとに秒単位でデザインし、撮影や編集など制作します。

販促品は、印刷できるスペースが商品ごとに決まっています。
そのスペースに盛り込む内容を決め、デザインを制作します。

印刷も広告も販促品も、まずは、サイズを決めてから、そのサイズに合わせて、デザインを制作します。

販促品を入れるケースは、少し異なります。
まず、中に入れるものを決めてから、もっとも、スマートに効率良く入るサイズが決まります。
そのサイズを決めたあとは、印刷と同じような手順になりますが、印刷や新聞と違って立体的です。 

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る