カテゴリー:販促ノベルティ・記念品

  • 販促品・記念品と日本語表記

    販促品で、ロゴのみを印刷する場合は日本語表記の問題は生じません。ロゴの指定色の問題が生じます。前回、書きましたが日系企業の多くは、DICカラーという日本で標準のカラーでロゴの色を指定していますが、このDICカラーは日本以…
  • 色の話し;販促品とシルク印刷

    販促品は、シルク印刷が一般的ですが、タオルなどは刺繍もあり、箔押しもあります。刺繍は使う糸のみで、1色だけとするのが一般的です。箔押しも、金、銀、白、黒など、限られた色を1色のみ使います。もとになる素材によって色合いが変…
  • 販促品の渡し方

    販促品を考える上で、どうやって渡すかも考える必要があります。つまり、相手先が受け取る場所が、事務所や家でない場合は持ち帰る方法、渡す側が持ち歩く場合は、持って行く方法を考慮します。記念品など式典等の来賓に渡すケース、展示…
  • 販促ノベルティ 汎用品と専用品

    販促ノベルティ品のなかには、汎用品と専用品があります。ボールペンやタオル、傘など、誰がもらっても問題なく使うことができる汎用品の定番です。もらう側のこだわりは少なく、値段はさまざまですので予算で選ぶと良いでしょう。携帯電…
  • 記念品

    贈答品には、販促品のほか、各種記念品もあります。取引先対象では、工場や新しい事務所の落成、株式総会、周年記念品などがあります。従業員向けも、創立記念日、永年勤続表彰、周年記念品などあります。ほかに、社内スポーツ大会や社内…
  • 贈答品・販促品・記念品

    贈答品や販促品などを送る目的と基本的な考え方です。贈答品は、一般に、取引先や取引先の担当者に贈る品で、取引を円滑にするために贈ります。贈り先の好みが判れば良いのですが、贈り先の好みが判らない場合や贈り先が多数となる場合に…
  • 販促品;傘

    傘の注文をいただきました。傘を持つ手元にロゴを印刷します。今どきの日本では、販促品として傘をもらうことはありませんが、韓国では定番の販促品です。江戸時代にも、傘を販促PRに活用した人がいます。三越デパートの前身である越後…
  • 名入れ筆記具

    販促品のなかで、定番中の定番といえば、ボールペンやメモ帳などの筆記具です。使い切りタイプで、社名などを印字したボールペンをもらったことがあるという人は、とれも多いでしょう。販促品のボールペンは、3つに分けることができます…
  • 重宝する販促品

    販促品を選ぶポイントは、もらった人が重宝して使ってくれる商品を選ぶことです。せっかくプレゼントしても、引き出しのなかにしまったままで日の目を見ないのは、もったいない話しです。嗜好性が強い商品も注意が必要です。財布やベルト…
  • 周年記念事業

    周年とは縁があります。小学校100周年、中学校30周年、高校と大学で20周年を在学中に経験し、印刷会社で100周年、広告代理店で10周年を経験しました。仕事でも周年行事は何度かお手伝いしています。学校や団体が行う周年事業…

よく読まれている記事

  1. 無礼講は韓国にはない日本特有の文化です。 日本からの出張してきたVIPや日本に出張するスタッフに上…
  2. ーお知らせー 現在、アイス釣りは気候の影響で暫定的行われておりません。 現在参加するプログラムは…
  3. 駐在員の査証には、駐在(D-7)と企業投資(D-8)があります。 駐在(D-7)査証は、公共機…
  4. 「文化のある日」とは 毎月最終水曜日を「文化のある日」と題し、韓国各地の主要文化施設が無料または割…
  5. 2018/10/24

    退職金と積立
    平均賃金・通常賃金と退職金 退職金 勤労者の退職や死亡で雇用関係が終了したときに雇用主が支払う金…
  6. 2018/10/16

    TAXI

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る