韓国携帯TV – dmb –

オリンピックも終わり、何か面白いことがないかなぁと思っているこの頃です。
今回のオリンピック、事務所にTVがないので(あったらいいけど、仕事に集中出来ないし)
街頭TVをしょっちゅう見に行くわけにはいかず、携帯TVのお世話になりました。

日本では「ワンセグ」「モバイル放送」などと言いますが、韓国では「dmb(ディーエムビィ/Digital Multimedia Broadcasting)」と一般的に呼ばれています。

dmbには「衛星dmb」と「地上波dmb」の2種類があり、私の携帯はKTで無料の
「地上波dmb」サービスを受けています。

ちなみに技術的な話を簡単にしますと「モバイル放送=衛星dmb」、「ワンセグ=地上波dmb」と
なるそうです。

この「dmb放送」が開始されたのが2005年5月。
日本のワンセグ開始は2006年4月で、韓国は1年も早くサービスを開始しています。
さすがIT大国と言えるでしょう。

しかし一方では「WIPI(ウィピ/Wireless Internet Platform for Interoperability)鎖国」と言われるほどの独自プラットフォームの義務化(国策!)により、市場を狭くし、
結果、iphoneの発売が各国よりあまりにも出遅れてしまいました。

iphone発売のためか、世論の波におされたのか、ようやくWIPI(ウィピ)制度を廃止し、
市場の活性化を図る過程で、今度は情報公開を余儀なくされ、最近では、世界的に見て
通話料やSMS、MMSの料金がバカ高い!と話題になっております。

日本でも一時期こうだったなぁと思いつつ、消費者の立場としては良いサービスを安く
提供してもらうにこしたことはありませんよね。
さて事務所での昼食時間、オリンピックを小さな画面で食い入るように見つめるスタッフ達(笑)
大きな画面につなぐケーブルが別売であるらしいのですが、準備しておりませんでした。

こんな小さなモノでも、ないよりはマシでしょう(^-^;
ちなみに日本の携帯では放送電波の違いで韓国のdmbを見ることは出来ません。
逆もしかりです。
こういう技術の壁も世界的に取り払ってくれるとありがたいのですけどね…。

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る