韓国の集合住宅「ビィラ」

韓国の集合住宅は「ビィラ」と言います。
大体が写真のようなレンガ作りの建物で、その形やデザインは同じ物が一つもありません。
同じ物は一つもないのですが、外観のレンガの色やデザインは、その時代の流行を反映してるようで、ゴチャゴチャした中にも年代別ビィラの区別は見てとれます。

さて、写真でもおわかりでしょうか。
ホントに同じ形の建物が一つもないのです。
外観からは1つのビィラに一体、何世帯が住んでいるのか全くわかりません。
密集しているので奥行きもわかりませんし、どこが玄関なのかも正直わかりません(^-^;
話に聞くと、1階に1世帯の3階立てが多くある形のようです。

さてさて、そんなビィラですが写真の建物を例にとると、玄関らしき門の前にポストが一つあるのがおわかりでしょうか?
実は、ほとんどのビィラには、何世帯あろうともポストが1つしかないんです!!

なので、来た郵便物は全世帯すべてそのポストの中に入っています。
自分宛に来た郵便物は、その中から選らなければならないのです(TT)

私もビィラに住んでいるのですが、自分の宛名のある郵便物だったら分かり易いのですが、例えば電気代などの請求書は名義変更してない場合が多く、どの請求書が自宅のものか容易にわかりません…。
私の主人にはいつも名義変更してくれ〜と言うのですが、面倒くさがってそんなことはしません(−_−#)
できたら支払い伝票などは自宅玄関前に配達して欲しいのですが、電気メーターチェックをしている人は、当然、そんな面倒なことはしません。

韓国に来た当初、差し向かいに住んでいるアジュンマ(おばちゃん)がポストの中を選っているのを見て「うわ〜チャックおばちゃんだ!」と誤解したことがありました(その節はごめんなさい)。

日本では考えられない、このスタイル。
しかし最近では、当たり前のように思っている自分にハッと気付いて、
ブログに投稿してみました(苦笑)

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る