韓国の酒事情 日本酒の価格

韓国は2007年から日本酒の輸入量が急増し、輸出量・輸出額とも年々、増加しています。
ほとんどが日本料理店や日式など飲食店で消費されています。
市場価格は日本の3〜5倍。
輸入会社等は税金が高いといいますが。
韓国の日本酒の関税や酒税等を合わせた実効税率は約53%程度(VAT除く)で、税金と輸送費を考慮すると、日本の市場価格の2倍ほどで売れるはず。
高値の一番の理由は流通。
日本酒は製造メーカー(蔵元)から輸入会社、輸出会社、問屋を経由して小売店や飲食店に届けられますが、これらのマージンが高いのです。
韓国は酒類の輸入会社や問屋は専業が義務付けられており、また、配送は専用車両、業者間取引は専用カード決済など高コスト。
さらに問屋の力が強く、値段が崩れません。
酒蔵が直接、韓国の輸入会社に販売するケースもありますが、輸入会社・問屋ともマージン率を高めに設定しています。
輸入会社の免許(酒類輸出入卸)で、直接消費者に販売することはできませんが、自社が輸入した酒のみ飲食店や小売店へ販売(卸売)できます。
とはいえ、絶対的な販売数が少ない日本酒だけの配達は高コストとなるので、絶対数が多いビール等を扱う問屋に委託するケースが多く、値段が高くなります。
現状1;蔵元>輸出会社>輸入会社>問屋>飲食店・小売店
現状2;蔵元>輸入会社>問屋>飲食店・小売店
(参考)ワイン;蔵元>輸入会社>飲食店・小売店
韓国の消費者のコスト感覚は、日本と大差ありません。
価格が2倍以内に下がれば、もっと数量が出ると思うのですが、3倍以上だと割高と感じる消費者が多いかもしれません。
内外の価格差が小さいワインは市場が拡大しています。



Japnese SAKE is the Best Souvenir !
Deliver to your home or airport in Japan.
Premium Junmai SAKE Online Store. 【SAKE Master】




kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る