甲乙問題

以前パワハラを取り上げたことがあります。
https://pluxpr.wordpress.com/2015/03/24/karakurenai-no-69-パワハラ/
このメルマガで何度か取り上げていますが、韓国はいわゆる社長第一主義。
役職の上下を人間としての上下と錯覚し、高い人が役職の低い人に絶対的な権限をもつパワーハラスメントがみられます。
このパワハラは組織内だけでなく、組織の外でもあります。
以前、新聞社が取りあげた内容を見ると、
甲;大手百貨店 乙;テナント
甲;FC本部 乙;加盟店
甲;コンビニチェーン 乙;加盟店
甲;建設会社 乙;下請け業者
甲;銀行 乙;中小企業
甲;乳業会社 乙;販売代理店
甲;テレビ局 乙;制作会社
などがあります。
なかには日本で問題になった組み合わせもありますが。。
ほかには、アメリカ行きビジネスクラスに搭乗した某社の常務が、要求したラーメンが悪いといって客室乗務員を殴ったラーメン常務事件。
食品メーカーの会長が、ホテルで車を移動するように言ってきたスタッフに罵詈雑言を浴びせ、支配人を殴った事件。
また、アパートの住民が警備員に暴言を吐いて警備員が焼身自殺に追い込まれた事件など枚挙にいとまがありません。
ちなみにラーメン常務はアメリカ入国次第、拘留捜査をするといわれて、入国せずに数時間後の便で帰国。
食品メーカーは、不買運動に加えて、売上の9割を占めていた取引先から取引停止となり廃業寸前に追い込まれとか。
昨年来ニュースになったナッツリータンは企業グループ内のパワハラですが、今回取り上げた上述の事例は社外へのパワハラで、いずれもニュースで大きく取り上げられたことで日の目をみたものの氷山の一角で、甲乙問題は大なり小なり日常的に起こっています。
在韓日系企業でも取引相手から無理難題を押し付けられることがあるでし、逆に発注担当者が納入業者を格下にみるケースもありえます。
日系企業はトップが2~5年で入れ替わる企業が少なくありませんが、スタッフの分掌=権限を見直すことがあるかと思います。
役割分掌=権限の検討に合わせ、客先はもちろん、いわゆる下請け等も含めた外部への対応を検証することは、パワハラ予防の観点からも大切です。
「韓国ビジネス&生活便利帖2015/16」Android版
https://play.google.com/store/books/details?id=XrIqCgAAQBAJ
百済王子豊と中大兄皇子の友情を描く歴史小説 Kindle版のご案内
「飛鳥の裔(1)」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00N6HHUBG
「飛鳥の裔(2)」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00N6HHUCK

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …
  2. いよいよ2月、日系企業の異動が多くなる時期です。 転任の挨拶状のほか、転任・退職に伴う感謝状や…
  3. 在宅勤務が続く方も多いのではないでしょうか。 ほっと一息つきたいとき、日本の味UCCのドリップ…
  4. 確かな日本語 趙成珉(チョウ・ソンミン)社長は日本に留学した経験があり…
  5. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る