日本ブランド;ヤマハ

日本を代表する楽器メーカーで、韓国では楽器と音響機器を販売し、音楽教室を展開しています。

ピアノやギターは、韓国メーカー製もありますが、品質でヤマハを選ぶ人が少なくないとか。
楽器は品質に加えて好みもあるので、必ずしも値段が高い方が良いとは限りません。
とくにピアノやギターなど、木でできている楽器は、1台1台、個性がありますが、品質と価格のバランスで選ぶと、1台1台しっかり作り込んでいるヤマハに行きつくようです。

韓国では楽器を試奏せずにインターネットで買う人も多い特徴があります。
楽器は、それぞれ個性があって、多少の違いが生じるものです。
ヤマハでは、グランドピアノやアップライトピアノ、デジタルピアノなど、数多くのラインナップを揃えていて、江南のCOEXや江北の龍山アイパークなど、ショールームを兼ねた店舗があり、実際に弾き比べることができます。
特にピアノは、プロとか教室の先生がともかく、1台買うと長く使うものなので、ショールームで試奏して買うのが本来と思うのですが。。

ギターは、韓国のメーカーもあり、日本と韓国以外にもさまざまな国の製品があります。
ドラムも日本の各メーカーと欧米のメーカーの製品も選ぶことができます。
メーカーが多い分だけ、好みの楽器を選ぶことができます。

ギター、ドラム、管弦楽器、打楽器など、品質もさることながら、好みで選ぶ商品で、楽器店で試奏して選ぶので、ヤマハに限らず、品質や価格でシェアが伸びる性質の商品ではありません。

音響機器は、業務用と一般用があり、業務用機器は、音楽ホールやホテル、CGVなどを対象にしています。
一般用では、音響機器メーカーとしてのブランドがあまり高くないためか、ほとんど見かけません。

音楽教室もさほど多くはありません。
日本では、ヤマハとカワイが日本全国でネットワークをもっていて、特に大人を対象にした音楽教室は、ヤマハが圧倒的ですが、韓国では音楽教室に通う絶対数が少ないようです。
音楽教室に通う人を増やすかが今後の課題となっています。

楽器メーカーとしてのブランド価値は高いので、音楽教室が増え、楽器を購入する人が増えていけば、ヤマハを選択する人は増えて行くことでしょう。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る