撮影モード

一眼レフやミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラには、さまざまな撮影モードがあります。人間の目は、周りの明るさに応じて調整しますが、カメラは撮影者が「露出」を合わせて撮ります。

どんなカメラであれ、写真はメインとなる被写体の明るさに応じてシャッタースピードと絞りを調整し、「露出」を合わせて撮るのが基本です。

「シャッタースピード」はフィルムなり撮像素子(CCDやCMOS)が光を受ける時間を調整する機構で、「絞り」はフィルムなり撮像素子が光を受ける量を調整する機構です。

シャッタースピードは、シャッター幕が開いている時間を表します。
1秒を基準に、1/2秒(2)、1/4秒(4)、1/16(15)、1/32(30)、1/64(60)、1/128(125)、1/256(250)、1/512(500)、1/1024(1000)、1/2048(2000)、1/2096(2000)…と短くなります。
()内の数字はカメラの表記です。

絞りはレンズから撮像素子に光るが入る面積を調整します。
1を基準に√2(1.4)、2、2√2(2.8)、4、3√2(5.6)、8、4√2(11)、16、5√2(22)、…と狭くなります。
()内の数字はカメラの表記です。

Pモード
シャッタースピードと絞りをカメラに任せるモードです。
もっとも簡単で、普段はこのモードが良いでしょう。

SモードまたはTvモード
シャッタースピード<シャッターが開いている時間>を撮影者が設定し、絞りはカメラに任せるモードです。
動きの速いものを止めたり、流し撮り、清流や夜景など、流れるような写真を撮るときに使います。

AモードまたはAvモード
絞り<光の量>を撮影者が設定し、シャッタースピードはカメラに任せるモードです。
最大限に開けるとピントの合う範囲がせばまり背景をボカシて撮ることができます。最大限閉じる(絞り込む)と遠景までピントが合います。

Mモード
シャッタースピードと絞りの両方を手動で合わせるマニュアルモードです。
フラッシュを使う撮影など「露出」を自動で設定できないときや、露出をかえて複数枚撮るときなどに便利なモードです。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る