交換レンズ

一眼レフやミラーレス一眼のメリットは2つです。
絞りやシャッタースピードを変え、露出を設定できること。
レンズ交換などシステムの増設ができること。

高級コンパクトデジタルカメラのなかには露出を設定できるカメラもありますが、レンズが交換できるのが、一眼レフとミラーレス一眼の最大の特徴でしょう。

焦点距離
カメラのレンズには「50mm/f1.8」「18—55mm/f3.5−5.6」などと書いています。
はじめの「mm」は焦点距離と云い、フィルム面(撮像素子)からレンズの中心までの長さで、画角を表す基準として使います。

35mmフィルムのサイズである幅36mm×高さ24mmを基準に、50mmを標準、焦点距離が50mmより短いレンズを広角、50mmより長いレンズを望遠と呼んでいます。
画角が大きいほど広い範囲が写り、小さいほど狭い範囲=遠くの被写体を写すことができます。

同じ焦点距離のレンズでも撮像素子の大きさによって画角は変わってきます。
撮像素子が35mm判フィルムと同じ大きささの「フルサイズ機」は50mmが標準です。
一般ユーザー向けのデジタル一眼レフ多く採用されている「APSサイズ」の標準ズームは18—55mm、1.5倍すると35mm相当になります。
ミラーレス一眼の「マイクロフォーサーズサイズ機」の標準ズームは14mm−42mm。2倍すると35mm相当になります。
その他のサイズは、各社のサイトを参考にしてください。

次の「f」値は開放F値といい、そのレンズで一番明るい絞り値です。
数字が小さいほど明るいレンズ、つまり、暗いところでも撮影が可能という意味です。
また、数字が小さいほどピントの合う奥行きが狭まり、数字が大きくなるほどピントの合う範囲が広くなります。

対象となる被写体だけにピントが合い、背景がボケている「背景ボケ」写真は、このf値を最大限小さくして撮る技法です。

エントリー機から中級クラスのカメラには、レンズキットがあります。
ボディとレンズをセットにしたキットで、レンズキットには標準ズームのみのレンズキットと標準ズームに望遠レンズを加えた2本がセットになったWズームキットがあります。
また機種によっては、単焦点レンズのキットなどもあります。

まずは、ズームレンズのキットを買って、必要に応じてレンズを買い足すと良いでしょう。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る