三炭アートマイン

江原道旌善郡は、石炭や銀、金などの地下資源に恵まれ、数々の炭鉱があったといいます。
三炭(サムタン)アートマインは、1962年から2001年まで稼動していた炭鉱「三陟(サムチョッ)炭鉱」の跡地を活用し、2013年にミュージアムとしてオープンしました。
S_IGP6217 のコピー
エントランス;インフォメーション兼チケット売場
S_IMG_5615 のコピー
労働者の昼食を再現した弁当
これでなんと1万W!入場料とセット割引がお得
入場料1万3千W+弁当1万Wにコーヒーがついたセット入場券2万W
三炭は三陟炭鉱、アートは芸術、マインは鉱山。
この3つの語を組み合わせて、名付けられたといいます。
S_IGP6244 のコピー
S_IGP6226 のコピー
もと事務棟だった建物の4階が入口で、チケット売り場とカフェ。
2階と3階がミュージアムになっています。
4階には休憩や会議ができるスペースもあります。
S_IGP6324 のコピー
1度に300人が利用したシャワー室は彫刻と絵画を展示
S_IGP6331 のコピー
屋外には、工場を改装したレストランと、採掘した石炭を運搬したのでしょうか。
作業等はそのまま残されており、自由に見学&撮影ができます。
S_IMG_5626 のコピー
S_IGP6274 のコピー
映画「スパイ」やドラマ「幽霊」「太陽の後裔」の撮影も行われ、俳優が休んだ部屋も見学できます。
ファンには見逃せないスポットのひとつです。
S_IMG_5637 のコピー
営業時間;午前9時〜午後6時(8月は1時間延長)
定休日;月曜日、旧正月・秋夕(チュソク)の連休
アクセス; 国鉄古汗(コハン、고한)駅からタクシーで約10分
ソウル(清涼里駅)から古汗駅まではムグンファ号で約3時間半(1日7本;14,400W)
清涼里駅発;7:05、9:10、12:10、14:13、16:13、23:25
_IGP6373 のコピー







kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 韓国を代表するカニといえば盈徳竹蟹(ヨンドクテゲ)盈徳(ヨンドク)近海の獲れる蟹の足が竹に似てい…
  2. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  3. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  4. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  5. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る