トッカルビバーガー

洋食の話題の後なので、今回はやはり韓国伝統料理の話題です。

トッカルビとは、韓国風ハンバーグといえば宜しいでしょうか。
あいマップのある明洞界隈にはトッカルビ専門店が無く、私も実は本当のトッカルビを食した事がありません。

その料理法はカルビを叩いて味付けし、その肉を再度骨に付けてさらにタレをつけて焼くというもの。
元々は宮中料理として王様に献上されていた高級料理です。

トッカルビの「トッ」はトッポッキのトッ(餅)で、良くこねて叩いているため弾力があり、食感がトッ(餅)のようなのでそう呼ばれたのだとか。

さて今回はトッカルビ専門店ではなく、お手軽に食べられる「トッカルビバーガー」をご紹介。
この屋台は南大門市場、会賢駅5、6番出口の中間辺りにあります。

トッカルビとは言っても、カルビではなく豚や鶏を使用していると思われます。
そうでないと2500ウォンなんて値段ではできないでしょう。

しかし、この大きさは見事です。
おやつ感覚で食べるとご飯が入らなくなりますので、ご注意を!
女性なら2人で1つで十分です。

また中にトッ(餅)も入っているので、さらに満腹感が。
お腹が空いたなら、この屋台へゴー!です。

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る