カメラアクセサリー

一眼レフやミラーレス一眼はカメラとレンズが必須ですが、ほかにも、必要なアクセサリーがあります。

〔記録メディア〕
デジタルカメラは、画像を記録するためのメディアが必須です。
一眼レフやミラーレスはSD/SDHC/SDXCが一般的です。
写真主体なら、SDHCカード4GBか8GB、動画が多ければ16GB以上あれば大抵、間に合いますが、不安なときは大きいサイズよりも8GBとか16GBを複数枚持つ方が使い勝手は良いでしょう。
コンパクトデジタルカメラにはmicro SDやカメラ内蔵などもあります。

〔ストラップ〕
カメラを買うとセットでついてきます。
レンズキットや標準レンズだと、カメラについてくるストラップで十分ですが、キットよりも重いレンズを使う場合は、太めのストラップを使います。

〔レンズ保護フィルター〕
レンズに傷がつかないように、レンズの前に付けるフィルターです。
カメラのレンズはデリケートですので、付けておくと安心です。屋外など光の状態によっては、フィルターの影響を受けることもありますが、そのような時だけ外して普段は付けておくのが良いでしょう。
保護のみを目的にしたフィルターと紫外線カットを備えたUVフィルターがあります。

〔ブロアとクロス〕
カメラのボディやレンズ、ミラー、撮像素子などについたホコリなどをブロアで飛ばして除去します。
とくにミラー、撮像素子は不用意に触ると傷や汚れがついてしまい、使えなくなってしまいます。カメラ内部の日常のクリーニングはブロアで行います。
レンズもコーティングが傷つくと写りに影響してしまいます。日常はブロアで飛ばし、ブロアでは取れない汚れは専用のクロスで拭き取ります。

〔三脚〕
手持ち撮影は、手ブレの原因となります。
低速シャッターを切るときなど三脚は必須です。対象となる被写体によって購入します。

〔外付けフラッシュ〕
一眼レフやミラーレス一眼の多くは、フラッシュを内蔵していますが、光の届く距離はせいぜい2〜3mです(ISO100〜400、F8)。広い場所など大光量の外付けフラッシュが必要になることがあります。

kazNewsweek記者

投稿者プロフィール

広告プランナー兼フォトグラファー。広告印刷とWEBプランニングに従事して早20年。日系企業の韓国ビジネスに詳しい。韓国経済や社会文化情報の発信を行い、外国人生活モニターとしてソウル市に改善提案を行っている。
週末には日韓米豪いろんな国の人たちと趣味の音楽を愉しんだり、カメラ片手にソウルや近隣をここかしこ徘徊したりしています。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る