韓国で入院してみた! ーパート4<手術後、後日>ー


次の日、恐ろしい痛みは過ぎたものの、起き上がれない私に看護婦が上から目線で、運動しなさい、呼吸練習機で肺を正常にしなさい、ガスを出しなさい、などとあれこれ指示され、ちょっとムッ。
起き上がるなんてレベルの痛さじゃないのに「運動しないとダメでしょ!」などと叱られ、またまたムッ。
しかも担当の看護婦が何人もいるので、そのすべてに同じ事を言われるので、さらにムーーーーーッッッ!!!

痛さを我慢してるだけでも大変なのに、それでもがんばろうと、もがいてる患者に「もっとやんなさい。
どうしてやらないんですか。」とは、どういう了見か!(−"−怒)てめぇら(ああ、言葉がスラング化…)
まあ韓国語ってそういう風に聞こえるんですが、しかしこういう時はやたらムカつきます。


さてこの日の午後、6人部屋が空いたとのことで移動になりました。言い忘れましたが、韓国では入院には付き添いが必須です。
なので、6人部屋といってもこの広さ。付添人のベットは必ず付属しています。

付き添いが必須なのには2つ理由があると思います。
まずは韓国の文化に、“ひとり”で何かをするという習慣がないこと。
だから韓国人は食事も大人数。何をするにも誰かと行動します。
そんな文化が根底にあるので、端から看護婦の仕事に介護的な仕事(食事やトイレ、衛生面などの世話)は入っていません。
3Kと言われている、日本の看護婦さんが聞いたら泣きそうなこの現実。
韓国の看護婦って楽だなぁ〜(申し訳ないけど、そう思います。)

例えば韓国で一家の大黒柱、お父さんが倒れたら。
奥さんか親戚の誰かが付き添わなければなりません。
もし奥さんが働いていて、親戚にも手伝える人がいなければ…介護人を雇わなければなりません。
韓国の医療システムは、経済的にも精神的にも大きな負担になります。
簡単に言えば、貧乏人は病気をするなということです。
日本の医療システムや福祉は、世界的にも優れているのだとつくづく感じます。

しかしながら、この付添人制度はシステムとしては致命的ですが、人間的に考えれば当たり前のような気もします。
家族の誰かが苦しんでいるのに病院に任せっきりにする、そんな冷たい人間関係が普通だと言える現代社会…。
これは深く考えなければならない、重要な問題のような気がするのです。

つづく…

 

cozたびこふれ・トラベルコ記者

投稿者プロフィール

企画デザイン&ディレクター。HP企画制作、Gデザイン、イラストなど。
韓国を紹介する仕事やブログを書いて、とうとう17年にもなってしまいました…(遠い目)。そう韓流ブーム以前から韓国をお伝えして来ました。その当時から現在まで、韓国はものすごい勢いで発展してきたと感じています。これからも新鮮なソウルの風景をお届けできたらと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. 3月9日以降、日本と韓国を結ぶ航空路線が仁川ー成田・関空に制限され、旅客便で輸送している郵便物が影響…
  2. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  3. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  4. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…
  5. W フィルハーモニック管弦楽団 2020年マスターシリーズ1
    ♦フランスの名曲に親しむコンサートとチケット割引販売のご案内です。  ♣【プログラム】 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る