銀行口座開設とカード

銀行

ソウルには日系銀行の支店がありますが、法人専用で個人口座は開設できません。個人口座は韓国の一般銀行で開設します。
法人口座開設:必要書類;事業者登録証、銀行印
個人口座開設:必要書類;外国人登録証、印鑑は任意

外国人専用窓口ではパスポートでも口座開設ができますが、一般窓口は外国人登録証で本人確認を行います。パスポートで口座を開設した後、外国人登録証への変更も可能です。口座開設時に、印鑑または署名を登録します。
窓口で現金を引き出す際、印鑑を登録した口座は印鑑、署名を登録した口座は口座開設時に提示した身分証が必要です。
口座を開設する際にチェックカードとインターネットバンキングも申請すると良いです。

チェックカード

日本のデビットカードと同様、カード支払い時に口座間で決済を行うカードで、キャッシュ一体型カードが一般的です。後払い式の交通カードが付帯しているカードもあります。
発行対象:銀行に預金口座を持っている満14才以上または満18才以上
年会費:無し
支店によっては即日発行される。

インターネットバンキング

銀行や口座の種類によって、一定回数まで振込料が無料となるサービスがあります。
申込み先:本支店を訪問して申込み
必要書類:身分証(外国人登録証)、印鑑またはサイン
申請後にセキュリティカードまたはOTPカードを受領し、インターネットバンキングに接続して、電子認証書を発行すると利用可能になります。
スマートフォンなどを利用するモバイルバンキングサービスや電話で手続きを行うテレバンキングサービスもあります。

チェックカードとクレジットカード

1000W以上の店舗での買い物は、カードが使用できるのが原則です。
チェックカードは口座開設時に申請し、支店によっては即日発行されます。
クレジットカードは韓国内専用カードと海外兼用カードがあり、海外兼用カードはMaster、VISA、AMEX、JCBから選択します。
チェックカードとクレジットカードには銀行系カードと流通系カードがあります。
銀行系のクレジットカードは外国人でも発行を受けられますが、流通系カードは難しいようです。

海外送金

一件当たり1000米ドル以下は自由に送金できます。
送金方法:電信送金(Telegraph Transfer、TT):一般的な方法
送金小切手(Demand Draft、DD):急を要しない場合や小額送金
必要書類:外貨送金申込書、外国人登録証、目的によっては送金事由を証明する書類
必要情報:送金者の氏名、住所、電話番号、受取人の氏名、住所、電話番号、送り先の銀行名と支店名、支店住所、口座番号、SWIFT CODE、銀行番号、氏名や住所、銀行口座情報は英文の記載になるので、送金前にSWIFT CODEと合わせて英語綴りを銀行のサイトや支店窓口で確認します。

海外送金の受取り

海外の送金者に知らせる内容:受取人の取引銀行名·銀行の本支店住所、口座番号、SWIFT CODE、受取人氏名の英字綴り
※金額等によっては準備書類が変わることがあります。

自動送金口座

KEBハナ銀行や新韓銀行など、海外送金の専用口座の開設サービスがあります。
国内送金と同様の簡便な手続きで海外に送金できるサービスで、入金すると登録口座宛に自動送金します。
なお、KEBハナ銀行の日本国内支店とSBJ銀行にも海外送金専用口座サービスがあり、日本から韓国への送金に便利です。

関連記事

話題の記事

  1. 4月20日から韓国の健康保険に加入していない外国人もマスクを購入できるようになりました。 出生年の…
  2. 総合カタログの目的は3つあります。 ・新規取引先開拓 ・既存取引先への拡販 ・社内で製品・サー…
  3. 韓国の食品医薬安全処は9日からマスクの購入について曜日制を導入しています。 韓国の健康保険に加入し…
  4. W フィルハーモニック管弦楽団 2020年マスターシリーズ1
    ♦フランスの名曲に親しむコンサートとチケット割引販売のご案内です。  ♣【プログラム】 …
  5. ♦ 決算書、報告書、挨拶状の制作の前 決算書や監査報告書、各種報告書等の印刷や製本を発注する際…

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る