東京国際ブックフェア2010

最近、さぼりが続いておりまして申し訳ありません。
実は、またまた日本へ行っておりました。

今回は「東京国際ブックフェア2010」の出展社、以前ご紹介したドラゴン桜公式副読本
「16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~」の著者、鍵本聡先生のブースへ間借りさせて頂きました。

韓国文化情報誌『マンナム』の販売とあいマップ地図の配布でがんばって参りました。
←(外交担当、斎藤です)
「東京国際ブックフェア2010」7/8〜11の期間中は、ものすごい人の波!
歩くのも、ままならないほどの盛況ぶりでした。

雑誌や書籍の売り上げが落ち込んでいる中、なぜこうまで人が多いかと思いましたが、iPadなどの発売による電子出版への関心が高かったようです。
木・金曜はビジネス目的の方、土・日曜は一般の方が多かったようです。
しかし私たちは期間中、食事ができずに苦労しました(^-^; (見に来られた方も同じでしょうが)

ビックサイト内にあるレストランは長蛇の列。
仕方なくコンビニに行けば、お弁当、パン類はすべて売り切れ(TT)

近くにある食堂街までは結構遠いし、行ってもやはり長蛇の列…。
ホテルもビックサイトの近くに取ったものですから、夕飯も食べるところがない。
電車に乗って、ちょっと遠出する気力も体力もないし…。
つくづく体力作りをしなければと思ってしまいました。

あいマップ、最近イベントづいておりますが、今後も様々な事をやっていく予定です。
皆さま、ぜひ今後にご期待下さい!

関連記事

話題の記事

  1. 明洞の趙成珉(チョウ・ソンミン)メガネ・コンタクトが明洞創業23周年を記念して、コロナ克服特別割引セ…
  2. 暑い日が続く昨今、アイスコーヒーでリフレッシュしませんか。 コリア便利がご紹介するUCCコーヒ…
  3. 韓国語学習者の間で話題になっている新刊書の共同購入のご案内です。 韓国未発売の書籍の注文をKORE…
  4. 明洞の趙成珉メガネコンタクトで、KOREA Benri 読者の方にブルーライトカットレンズを…
  5. 21年3月15日、韓国の郵便局は中断していた名古屋、九州、沖縄向けEMSの取り扱いを再開しました。 …

カート

商品カテゴリー

ページ上部へ戻る